くりーむです。毎日の暮らしで出会ったお気に入りのものたちと一緒に、生活のMelodyを奏でていければ・・と思います


by cream56
カレンダー

<   2006年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

実家への帰省、サザン出演のライブ遠征、娘の発表会など、盛りだくさんに楽しく過ぎた8月も今日でおしまい。
そして、私も誕生日を迎え、またひとつ年をとりました。
今回作ったのはプレーンのシフォンケーキ。
フルーツもちょっぴり贅沢に3種用意して、娘と一緒にデコレーションしました。
(ロウソクの数は、実際の年齢とは関係ありませんので、念のため・・・笑)

下の写真は、今日の日中、信号待ちの車の中から撮ったものです。
気が付けば、もう空も秋の顔をしていました。
b0044528_2373635.jpg

b0044528_238194.jpg

b0044528_2382353.jpg

[PR]
by cream56 | 2006-08-31 23:08 | 手作りお菓子

とん蝶

「とん蝶」という食べ物があるということは、以前友達から聞いた記憶がありましたが、口にしたのは初めてでした。
先日のNHKホールで手伝いをしていたとき、主催者が楽屋へと届けて下さった軽食がこの「とん蝶」でした。
軽食といえばサンドウィッチのようなものを想像していましたが、思いがけないところでかねてから気になっていた「とん蝶」に出会って、嬉しくて、ついこっそりと写真を撮ってきました。
「とん蝶」は餅米100%で炊いたおこわに、細切りの塩昆布と大豆を混ぜ、カリカリ梅をのせたものを、竹の皮を模した紙でちまきのように包んだお弁当のようなものです。
少々不思議なのは、お弁当屋さんではなく「絹笠」という和菓子屋さんの定番商品だということ。
素朴な味わいながら、大阪の食通の方にはよく知られているものだそうで、評判通りの美味しさに納得しました。
和食党の娘も大変気に入ったようで、同じようなものを家でも作ってほしいな、と頼まれました。
b0044528_20303573.jpg

b0044528_2031025.jpg

[PR]
by cream56 | 2006-08-30 20:32 | 食べもの&飲みもの

民謡とバレエのコラボ

「夢人島Fes」のライブ終了後、夜行バスに乗って翌日の早朝、大阪に帰ってきました。
この日には大阪のNHKホールのイベントに娘がバレエで出演することになっていたのです。
今回の発表会はバレエが主体ではなく、ヤングフェスティバルという若手の民謡コンクールのアトラクションへの出演でした。
「民謡とバレエのコラボレーション」をテーマに、踊りは、おなじみ「ソーラン節」と「猿島豊年音頭」の2曲。
今回の舞台はこの日公開録画されていて、10月にはNHK衛星放送のBS2で全国放映されるそうです。
娘にとっては初めてのテレビ出演となり、今からとても楽しみにしているようです。
それにしても当日は家に帰り着いてみれば午後10時前・・・。
私にとっては、まさに夢のように過ぎた盛りだくさんの楽しい楽しい2日間でした。
下の写真はNHKホールのロビーから撮した、大阪城の写真です。(少々見にくくてスミマセン)
b0044528_22595574.jpg

b0044528_2301712.jpg

[PR]
by cream56 | 2006-08-29 23:00 | その他

祭りのあと・・・

26日に参加した浜松での「夢人島Fes」のテーマは「人間の絆と楽しい想い出作り」。
この主旨にピッタリの時が過ごせたことを本当に幸せに感じています。

会場に着くまでのワクワクでいっぱいの旅気分、会場に着いてから数時間はまるで遠足のような楽しさ、大好きなサザンをはじめとして様々なアーティストが集結した超豪華なステージ、同じサザンを大好きな仲間と一緒に過ごすことが出来ました。

下の写真は、会場でお昼ご飯として食べた焼きたてアツアツの美味しい浜松名物・うな丼です。
芝生の上でピクニック気分で食べたうな丼は、これまた幸せの味がしました。
b0044528_22135042.jpg

b0044528_2222998.jpg

[PR]
by cream56 | 2006-08-28 22:22 | 大好きなサザン♪

いってきまーす♪♪♪

今日は待ちに待った「夢人島Fes 2006」のライブ当日です。
久しぶりの生サザン、そして初めて出会うアーティスト達もたくさん☆
夏の終わりの大きく夢のあるお祭りを、思い切り楽しんできたいと思っています。

バッグにのせたのは、この夏の新曲キャラクターの「スイカーマン」のマスコット達です。
スイカーマンのキューピーちゃんは一緒にライブに参加する友達が作ってくれた超・力作!!
左のフェルト製のものは、先日自分で不器用なりに・・作ってみたものです。
b0044528_23485034.jpg

[PR]
by cream56 | 2006-08-26 00:04 | 大好きなサザン♪

ズッキーニのナムル

実家の母は、庭の小さな菜園で季節ごとにいろいろな野菜を作っています。
今年初めて植えたズッキーニは、とても育てやすいのはいいとして、他の苗を圧倒してしまうほどの成長ぶりだったらしく、結構な量の収穫があったそうです。
写真は先日帰省したときに撮った庭のズッキーニです。
自宅に戻ってから、母が送ってくれたズッキーニを、どんなメニューに使おうかと考えて、思いついたのがナムル。
薄切りにしたズッキーニを、きゅうりもみの要領で軽く揉み、塩、少しの醤油、胡椒、にんにく、ごま油で和え、白のいりごまをふるだけです。
一見意外な取り合わせですが、クセのない味で、歯ごたえのいいズッキーニは、韓国風に料理しても美味しくいただけるのは新発見でした。

b0044528_21562995.jpg

b0044528_21565949.jpg

[PR]
by cream56 | 2006-08-25 21:57 | 料理

黒酢入り梅シロップ

仙台に帰省中の暑い日に、母が琥珀色のシロップを冷蔵庫から出してきてくれました。
手作りの梅シロップに黒酢をブレンドしたもので、水で数倍に薄めて飲みます。
のどの渇きをいやしてくれるだけではなく、甘さ控えめで後口もよい夏らしい飲物です。
疲労回復や食欲増進など、お酢と梅の両方の効果が期待出来そうなヘルシードリンクですね。
自宅でも飲めるようにと、瓶に詰めたものをもらってきたので、こちらでも毎日のように飲んでいます。
下の写真は、今日の午後、車の温度計を携帯で写したものです。外気温38度・・・です!!
b0044528_20434910.jpg

b0044528_20514169.jpg

[PR]
by cream56 | 2006-08-24 20:43 | 食べもの&飲みもの
まだまだ日中の暑さは厳しいものの、8月も終わりに近づき、朝や夕方などには秋の気配も感じられるようになってきました。
今年の2月に我が家で仕込んだ味噌も、夏を越して熟成がさらに進んだお陰か、とても美味しく完成しました。(よろしければ、今年2月11日の記事をご覧下さいね)
お味噌汁など、いろいろなものに使い始めています。
カビ防止のために少々塩の量を増やしたせいで、市販のものと比較すると塩辛くなりましたが、香りの良さと純な味わいは、手作りのものならでは、と家族にも好評です。
b0044528_023451.jpg

b0044528_052098.jpg

[PR]
by cream56 | 2006-08-24 00:05 | 料理

「能登カフェ」

帰省に出かける前、夫がネットで「能登カフェ」というカフェが話題になっているのを見つけました。
能登島の海辺の古い家屋を利用して作っているお店で、時間があったら行ってみたいね、と話していました。
早速、今回の帰省中に海水浴に出かけた夕方、ちょっと足をのばして行ってきました。
和倉温泉から橋を渡った能登島のずっと奥、きれいな海を目の前にしたのどかな場所に「能登カフェ」はありました。
この通り表向きも、中の部屋の感じも、店舗というより、まるで普通の民家そのままです。
その日も結構な暑さでしたが、エアコンがなくても海からの心地よい風や、大きな和室の畳の感触もよく、ちょっと実家でくつろいでいるような気持ちになりました。
私がオーダーしたのは、あっさりとした甘みの黒豆のみつ豆。
他にもかき氷やフルーツのジェラートなど、夏向きのメニューが並んでいました。
夫が飲んだホットコーヒーはとても美味しかったそうです。
後で知った情報では、能登半島のいちばん先の珠洲市に漁師小屋で営業しているコーヒー屋さんがあってそこの豆を使っているとか。
つかの間のスローライフ体験でした。

b0044528_1848961.jpg

b0044528_18483977.jpg

b0044528_18491535.jpg

b0044528_18494696.jpg

[PR]
by cream56 | 2006-08-22 18:50 | 外食

蔵の町 会津と喜多方へ

仙台に帰省中、今年は福島県まで足を延ばして会津若松と喜多方に行って来ました。
一番上の写真は会津若松の鶴ヶ城です。
私が小学生の時、修学旅行で訪れた以来でしたが、勇壮な白壁造りの城は見応えがあり、中の展示も充実していました。
一緒に行った娘に、つい当時の自分の姿を重ね合わせていました。
それから喜多方まで移動して、お昼に食べたのはもちろん、喜多方ラーメン。
お盆のさなかだったせいか、有名店では暑さにもかかわらず、どこも長い行列が出来ていてびっくり!時間の関係で、あえてあまり混んでいないお店を選んで入りましたが、澄んだ和風だしの利いたあっさりとしたスープに、ちぢれた太麺、シンプルで素朴な具と、喜多方ラーメンの条件を全て満たした、美味しいラーメンでした。
また喜多方では、蔵造りの建物をそのまま活かしたお店もよく見かけます。
情緒ある街並みに、馬車が観光客を乗せて通って行ったりと、のどかな風情に触れてくることが出来ました。

b0044528_2148454.jpg

b0044528_21492665.jpg

b0044528_21502418.jpg

b0044528_21505418.jpg

[PR]
by cream56 | 2006-08-21 21:51 | おでかけ